君の笑顔があれば僕は救われる

訓練がてらアイドルに想いを馳せる

夏休みに観た映画メモ

 

タイトル通り、夏休み中に映画を何本も見たので感想メモです! 

銀魂のみ映画館、その他はWOWOWで録画してたやつとAmazonプライムです。

 

 

これなんで公開できたんですか????(褒めてる)

そもそも銀魂はパロディの宝庫みたいな作品だけど、実写は…なんていうか、いじっちゃいけないとこもいじってる…!Twitterで感想見てたら「公開中止になる前に見に行け!」みたいなの多く見かけたけどその理由がわかった。ほんとよく公開できたな……

キャラの方も文句なし……みんなそれぞれ全力でふざけてる……。俳優の無駄遣い感がすごい。ゴリラこと近藤さん、振り切りすぎてて最高に笑った。

あと話題になってた「堂本高杉の御御足」なんですけど……えっちでした………とても……………。ジャニオタだから高杉のシーンはどれも最高〜!って感じだったんだけど、御御足のシーンはさ〜〜あれは教育上よくない(?)

これはぜひ同じキャスト陣と同じ制作陣で続編を撮ってほしい。全力のおふざけがもっと見たい。

 

  • オーバー・フェンス

シゲ部で加藤さんが見た、と言っていたからちょっと興味があった作品。

ストーリーは私の趣味と合わないな〜と思ったけれど、知っている函館の風景が出てきたのでそこが楽しかった…劇中に出てくる小さな遊園地みたいな公園みたいなとこ、行ったことある…。

 

若き日の高橋一生さんが出ていたので……。(動機が単純)

ストーリーはなんだか痛々しくて見ていて苦しかった、中学生ならではの鬱屈とした感じが…。優等生だった子がある日から不良のリーダーになって同級生をいじめたり援助交際を強要してたりするのが辛すぎた。思い出しただけでも心臓が痛む。でもなんだかもう1回だけ見たいような気がする。

若い一生さんは可愛かった。

 

切なかった〜!自らの寿命を伸ばすために世界から自分にとって大切な物を消していくけれど、消すことによって大切な人との繋がりまでも消えてしまう…でも消さないと死んでしまう…どっちに転んでもつらい…!

あと佐藤健くんが一人二役で主人公と悪魔を演じてるんだけど、悪魔の健くんめちゃよかった。

 

公開当初から「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」のキャッチコピー?の意味が知りたくて、やっと見たんだけど香川照之さん超怖い。サイコパス具合がちょうど良くて怖い。絶望に次ぐ絶望がすごい。

東出くん出てるけどかっこよかった…癒しでした…!

あとその問題のお隣の娘さんを演じていたのがソロモンの偽証で主演やってた子だったのね…!見覚えあると思った…なんだか本性見えない感じがよかった…。

しかし終わり方がなんていうか呆気なかった……。

 

なんかあらすじ見たらちょっとギャグっぽくて面白そうだったので。

現代にタイムスリップしてきたヒトラーが、全然違う環境に右往左往しつつもすぐに順応するの面白かった。やっぱり扇動力がすごいから民衆をどんどん巻き込んで一躍スターにのし上がるのとかほんともう(これがヒトラーの怖さ…)って思った…。民衆を味方につける力の凄さ…。

 

  • グッドモーニングショー

公開前の予告から(なんでこのキャスターが人質に取られたんだろう…!)って気になってたからやっと見れてスッキリ!あと番組の裏側のバタバタ感が楽しかった…こうやって番組が作られるんだね…!

あとやっぱり切り取り方次第で悪い印象がついてしまうんだなあって思った。本当はいいことをしていたのに、見方によって悪いことになってしまって、その後の人生にも影響するんだな〜って。

それと長澤まさみちゃん演じる女子アナがぶっとんでて面白かったです!!

 

  • セトウツミ

ゆるい。とにかくゆるい。本当に男子高校生2人がしゃべってるだけ。でもこれが楽しい…!

個人的に菅田将暉くんが好きで関西弁が好きだからとても私得……しかもとんでもない美少女の中条あやみちゃんも出ている……最高……。

短めの映画だからすぐ見終われるのもいいんだけど、なんか2人のゆるい会話もっと見ていたい。見せてほしい。

 

女性版ゴーストバスターズ〜!パワフル!吹き替えが声優2:芸人2だったんだけど、違和感無くて楽しく見れた。朴璐美さんが吹き替えたキャラが進撃のハンジさんっぽさあったからぴったり〜!って感じ。

彼女たちの奮闘ぶりをもっと見たいから続編出ないかな〜!

 

薬師丸ひろ子さんが可愛い……可愛い……。

突然やくざの組長になって戸惑いながらも成長していくストーリー、これはたしかに名作ですよね……わかる……。

やくざという職業柄(?)、仕方ないんだろうけど星泉の周りの人がどんどん死んでいくのつらすぎてつらすぎて…泉ちゃんは幸せになってくれ…と思った…。

ところで星泉を側で支える佐久間、とてもかっこよくて私が泉なら恋してた。好きにならざるを得ない。

 

橋本環奈ちゃんがめちゃくちゃ可愛い〜!!!!(崖で叫ぶ絵文字)

機関銃構えてるのとかもうアニメか??って美しさ。画面が綺麗すぎる。作画班優秀すぎ案件。

でもやっぱりやくざの世界なのでそれなりに人が死ぬ。しんどい。星泉ちゃんとその周りの人々には幸せになってほしいのに…!

あとこれは絶対に書かないと気が済まないんですけど、やくざの長谷川博己さんが最高すぎるから見てほしい。途中雨に打たれるシーンがあるんですけど、濡れ髪+黒シャツ脱いだら背中一面に刺青…っていうのが…こう…性癖をピンポイントでゴリゴリに刺激してくる感じが…。見て……。

 

当たっても当たらなくても見る予定ではあったけど、グリーンマイル行けない女なので早めに見ました。

ショーシャンクの空に」は見たことあったけど、グリーンマイルは見たことなかったから見るのが楽しみだった…。

もうぼろぼろ泣いた。特にデルとジョン・コーフィの処刑のシーン。デルはねずみを可愛がる優しいところがあるし、ジョン・コーフィは言わずもがな。しかもデルはパーシーのせいでひどい最期を迎えるからもうしんどい。ジョン・コーフィと違う方向にしんどい。ジョン・コーフィは来世絶対に幸せになってほしい。

そんな理由でパーシーとワイルド・ビルが嫌いすぎてその2人が悪い目にあった時は全力で「ざまあみろ!!!!」って叫んだ…口が悪い…。

舞台版が見たすぎるからぜひ円盤化してほしい。してほしい…。

 

W本編を全て見返したので映画の方も一気に見た。楽しい。W最高。

予告でフィリップが敵組織のユニフォーム着て頭ビリビリされてたのずっと何年も気になってた……ようやく見れた……!

仮面ライダーエターナルの能力でWとアクセルは変身できなくなるのがまずしんどい。「エターナルこのやろう〜!」って思うけど、エターナル含むNEVERの方々もある意味被害者だから嫌いきれない。特にNEVERの紅一点の子、報われないから来世は平和に暮らせるといいね……。

で、本編では「翔太郎が騙されてフィリップが助ける」みたいな関係性だったけれどこの話では逆にフィリップが騙されるからそれがも〜〜しんどい。それで翔太郎に「お前らしくない」って言われて「僕らしいってなんだい!?」ってちょっとキレるんだけどそれもしんどい。1秒1秒しんどい。

あと本編の依頼人が風都の街の人々としてめっちゃ出てくるから楽しいのと、その敵組織のユニフォームのライダース?着てるフィリップくんにめちゃくちゃときめいた。

 

オーズの方も見たけど感想は割愛。しんどかったです。

で、W。あきちゃんと照井くんの結婚式当日のお話。でもあきちゃんがマリッジブルーに…!なんてこった!その理由が「もう仮面ライダー嫌だ!」で……しんどい……そうだね、周り仮面ライダーばっかりだもんね……。

あきちゃんは式場から逃げ出すんだけど、その途中で遭遇した怪人(ドーパントではなくオーズの方)が持っていたメモリの能力で自分のパパの鳴海荘吉、つまり仮面ライダースカルの「ビギンズナイト」を目撃するんですね……しんどいね……(もはや何が起こってもしんどい)

そこでパパの想いとか、なんで会いに来てくれなかったのか、とか色々知るわけです。しんどい。理由がまた……切なくて……!

最後にボスを倒したあとマリッジブルーを脱して無事結婚式〜!おめでとうあきちゃんと照井くん!永久に幸せでいて〜!(親戚のおばちゃん感)

ところでその結婚式仕様のフィリップくんが爆イケで困りました。(何に)

 

ディケイドの方は設定も話も一切わからないので割愛。wiki読んでもいまいち理解しきれなかった…。

Wの方はビギンズナイトをより詳しく描いててめっちゃ楽しかった…だってあの儚さマックスのフィリップくんのシーンが多い…!

まず風都で死者がよみがえる死人還りが多数発生してそれの調査から物語が始まるんですね、そしたら鳴海荘吉もよみがえって、あろうことかスカルに変身してWに攻撃してくるわけです。フィリップはそのへん割り切って戦えるタイプだけど翔太郎は違うじゃないですか…。本物のおやっさんじゃない、とわかっていてもおやっさんの姿をしているから闘えないんですよ……そういうとこ好き……。

この時、あきちゃんにずっと黙ってた「鳴海荘吉の死」を知られてしまうんですね……しんどい……しんどすぎる……!

で、なんやかんやあって翔太郎(とついてきたフィリップ)はビギンズナイトの場所に。

本編1話冒頭のビギンズナイトのシーンの前に何が起こっていたのか、がわかって楽しすぎた…あと今以上にハーフボイルドな翔太郎と小悪魔フィリップくんが最高すぎた。ありがたすぎる。

もうなんかWに関しては「しんどい」しか言ってない…でもしんどいからしょうがない…。

 

 

 

途中からWしんどいbotと化しているのは申し訳ないと思います。後悔はしていません。

ほんとはもっと見る予定だったけれど、途中でNEWSの円盤ひたすら見てたりW本編見返したり…をしてて思いの外映画を見れなかった……まだ録画リストに映画だけで40本近くある……見れる気がしない……!

あとお察しの通りWが楽しすぎて再燃してます。本当は本編をあと5周くらいしたい。

気力あればWに関するブログを書きたいです。気力あれば…

それはさながら神話のような 〜NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND 「あやめ」感想〜

 

せっかくの初現場なのでレポ(のような)記事を投稿しようと思ってましたが、書き上げたものがあまりにも読みにくいし修正箇所も多かったため諦めました

 

 

でも!!!!

 「あやめ」の感想だけは残したい!!!!

 

 

っていう気持ちが抑えられなかったので「あやめ」感想記事です☆*。

 

私の拙い言葉でどこまで想像させられるかはちょっと微妙+既に記憶が薄れててだいぶあやふやだけどネタバレはネタバレなので注意です〜〜嫌な人はここでブラウザバックを〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月15日、NEVERLANDに入国しました!(今さら感~~)

ジャニヲタ歴8年ほどですがこれが初現場。わくわくが止まらない!!!!

 

中でも楽しみにしてたのが自担である加藤シゲアキさんのソロ、「あやめ」。

アルバムを聴いてまずその芸術性に殴られ、この曲をどう視覚的に楽しませてくれるのかな〜!なんて色々想像してたわけだけど。

 

その想像を当たり前のように軽々と超えてくるじゃん?? (なおこの感覚、ESCORTで経験済)

 

音源で殴られたとしたら演出では往復ビンタされた気分……自担天才………(五体投地)

 

 

 

「あやめ」が始まってまず最初、私は加藤さんの姿を見つけられなかった。モニターには映ってる。でもどこ…!?

 

って探してたらセンターステージで横たわってた……なんやて加藤………!

 

その後起き上がりながら歌唱を続け、

詳しくないから断言はできないんだけど、コンテンポラリーダンスのようになっていき。

なんとなく「ピンクとグレー」の唯姉ちゃんを思い出してなんだかエモい気持ちになりつつ(私が)。

 

「紙で切れた指先のように〜」のラップ…?ポエトリーリーディング…?(音楽的知識が皆無なのでよくわかってない)の部分に入るわけですがまあ〜〜ここからが最高だった………

 

音源では割と淡々と歌唱してるような印象だったんだけど、ライブではめちゃくちゃ感情的というか。よりメッセージ性が強くなってて…!

「それでも前向いて歩こうや」の切実さ〜……!

 

その後リフターに駆け登るんだけどその姿はまさに救世主。神。

音源の時点で大好きだった「んなもんいらねぇ飛んでやらぁ」もライブ音源売ってほしいくらい最&高。

 

あとどのタイミングからだったか旗を掲げるんだけど、まじでジャンヌ・ダルク……革命起こしそう……

まさか自担がジャンヌ・ダルクになる日が来るとは思っていなかった。(ジャンヌ・ダルクにはなっていない)

 

そして英語部分…!

knock knockのとこ、本当にknock knockしてたんですけど(語彙力)、その力強さ〜!

この人なら世界を救ってくれるって、そう思いました(誰目線)

 

ラストサビのとことか、さながら宗教画。というかなんなら全編宗教画。神の誕生〜世界救世するまで、みたいな。私この一連の絵画、教科書とか美術館とかで見たことある。(ない)

 

神といえば。

「Skye Beautiful」では

ま、増田さんが神になられた〜!!

って思ったけど、

「あやめ」は

自担が神としてこの世に生を受け世界救った………(合掌)

って感じでした。(わかりにくい)

 

 

加藤さんの芸術性が爆発しててただただ彼を崇めるしかなかったヲタクis私。

だって自担が神だったんだもん………(?)

 

 

私が入った時から1ヶ月以上経って記憶が薄れつつあるのに危機感を抱いてるので早急に円盤化してほしいなと思います。あとORIHIMEのJr.ちゃんたちをちゃんと見たい。

 

 

軽めの自己紹介のようなもの

だいぶ間が開いてしまいました。お元気ですか。私は素敵な素敵なNEVERLANDに旅をしていました。毎日楽しいです。

 

さて今回は、前回の記事の最後、自己紹介の記事を書くと宣言したのでそれを。

自己紹介といってもヲタ遍歴とかなんではてブロ始めたか、とかそういう内容です。

 

 

 

 1.私の「好き」の遷移 

前回の記事でも少し触れたのですが、ヲタクとしての私の原点は実写ヤッターマン。アニメを見てたからその流れでなんとなく、という感じで見に行ったら「1号めっちゃかっこいいな!?」となり、彼と彼が所属する嵐について調べ、好きになった。

それまではジャニーズ自体知らなかったというか詳しくなかったというか…。私は当時小4だったのだけれど、SMAPは知っていたしTOKIOも知っていた。青春アミーゴも同級生たちと口ずさんでいた。けれど、彼らが”ジャニーズ事務所に所属するアイドル”だとは認識していなかったという記憶。嵐も相葉ちゃんと松潤以外知らなかった。基本ドラマは見てなかった(というか見れなかった)からバラエティー番組に出ていたアイドルと誰でも知っているアイドルくらいしか知らなかった。

そんな感じで私は芸能界にけっこう疎かったのだが、実写ヤッターマンを見に行ったことで眠っていたヲタクな私が目を覚ました。父がヲタクのようなとこがあるので、まあ遅かれ早かれこうはなっていたのかな、とは思う。

そこから約2年、嵐が大好きで大好きで「あ~このまま一生嵐と櫻井翔くんが好きなのかな♡」とか絶対に別れるカップルみたいなことを思っていたのだが、案の定その時はやってきた。

 

中学に進学したときにとても仲良くなった子がいた。その子は嵐と関ジャニ∞が好きな女の子*1だった。クイズショウを見て横山裕さんが、大奥を見て大倉忠義さんが少し気になっていたので、その子に引っ張られるように関ジャニ∞という沼に足を踏み入れた。

彼らには嵐とは違うかっこよさや可愛さ、ギャップがあった。すぐに好きになった。しかし当時中学生の私はお小遣いが少なく、掛け持ちができなかった。で、嵐担はいったんお休みしてエイターになった。

最初は大倉担だった(気になるきっかけが鶴岡さまだったからね)のだが、ある時エイター仲間でもあった親友からなぜか「まる」と呼ばれるようになり、洗脳されるかのように丸山担となりました。

 

 

  • NEWS (1)

これはきっかけが少しあやふやなのだが、たしかWU誌を読み返していた時、表紙の加藤シゲアキさん*2に一目惚れしてNEWS沼につま先を突っ込んだ。この時中3の夏か秋。とりあえず歴史を調べたり、アルバムを借りてきて聴いたりして好きだな~!と思ったところでKAGUYAリリースが決まる。蜷川実花さんの世界観が好きなのでこれは買うしかないと思い予約して初回両方購入。この時受験1週間前だったけどおかげで(?)不安は吹き飛んで受験成功しました!

 

 

  • 声優(とアニメ)

しかしその約1か月ほど後、私は二次元沼へと足を踏み入れました!(転身が早い) 当時杉田智和さんが好きだった(今は違うジャンルに生息)親友に引っ張られるように声優のことを調べ始めたような気がする…どういった経緯で声優にはまったのか全然覚えてないけど、最初の推しは梶裕貴さん。最初に顔を見たとき20代前半の若手かな~って思って調べたらもうアラサーでびっくりした記憶がある。その後いろいろな声優さんを好きになり、最終的な推しは梅原裕一郎さん。顔から入ったけど、声もとっても好みで!低音が耳に心地よすぎ…。声優沼から抜けた今でも、好きな声優さんのボイスをゲーム等で聞いたりして耳を癒しています。

 

 

  • NEWS (2)

そしてその1年後?くらいにNEWS沼へと舞い戻る。たしかTwitterのTLに流れてきた加藤さん見かけて、だったような。運命的な再会ですね!(?)

いわゆる出戻りなので、空白の1年の情報を頭にぶち込み、ドラマを見ていなかったことを悔しがったり、リリースされていたCDを買ってメイキングの可愛さに悶絶したり。今に至る、って感じ。

 

 

とんでもミーハーババアなのでほかにも俳優さんとか、女子ドルとか、沼に指の先突っ込んでるジャンルは数知れず…

 

 

 

2.はてブロを始めたきっかけ

 

さて話題は変わりはてブロを始めたきっかけ。

ジャニヲタさん記事が面白く、私も書いてみたい!とおもっていたのもありますが、1番の理由は「あまりにも語彙力と文章力がないから」です悲しい。

私は学生なのでたまにレポート課題を出されるし、数年後には卒研が控えていて。でも語彙力と文章力が無さすぎて、今の簡単なレポートでさえヒイヒイ言いながらやっとやっと完成させている状況…。かなりやばい。

小さいころからけっこう読書はしてきたから語彙はそれなりにあるはず(実際ちょっと難しめな文章もそこそこ読めるし漢字もそれなりに読める)、なんだけどどうもそれを使いこなせない。たぶん頭の中の引き出しに、分類分けせず適当にいろんな言葉をぶち込んだ結果、いざ使いたいときに探し当てられない…みたいな状況なのかなあ。(わかりにくい)

でもこんな状況じゃ今後が不安すぎるので、その訓練としてはてブロを始めた、というわけです。

だから最初のうちは支離滅裂文章なこと必至ですが温かい目で読んでくださると幸いです。現に前記事もこの記事も読みにくくて泣きたい。

 

 

さて、私はまたNEVERLANDに潜ります。

 

 

*1:ちなみにこの子とはすごくささいなことで2年のGW明けくらいに仲違いしてしまって、けっこう後悔してたり。好きなジャンルがかなりかぶってるから絶対に今でも仲良くできたのになあ。私が広い心を持っていればなあ、と思うけどもう遅い。

*2:WiNK UPオフィシャルサイト -時代を動かすアイドル情報の宝庫!-

自担に出会って小さな意識改革が起きた

お題「○○担になったらこんないいことがありました!」

 

ちょうどブログ開設したところで、Twitterでフォローさせていただいている方が素敵なお題を作成したことを知ったので参加させていただきます…!

 

 

 

 

 

私はNEWSの加藤シゲアキさんが好きだ。かれこれ3~4年好きだが、彼のことを自担だと認識したのはここ2年?くらい。

今まで別のグループやジャンルも好きだった(なんなら今も好き*1 )けど、自担きっかけで自分の人生豊かになったな~!と感じるのはこれが初めてなので、そのことについて少し。

 

 

 

 ・趣味の幅が広がった

 

これは主に映画と音楽。

 

まず映画。
映画を見ることははもともと嫌いではなかった。*2でも、でもだ。
映画館で映画見るのってこんなに楽しかったっけ????

 映画館には自分が好きなジャニーズが出る映画ぐらいしか見に行かなかった。そのほかはDVDで見たり、我が家で契約しているWOWOWで見ることがほとんど。
なぜならお金がないから。CDや雑誌買ったらお小遣い無くなるし、アルバムを買うためにお金貯めておきたかった。

でも加藤さんのことを好きになり、シゲ部*3を聴くようになり、その考えは変わった。
彼が映画のことを楽しそうに話している。見た映画のあらすじや感想を、ネタバレしない程度に教えてくれるのだ。
あまり興味がなかった作品も、彼というフィルターを通して知ることで興味がわいてくる。あまりにも単純…。
そしてそんな単純すぎる私は映画館に通うことになる。いろいろな映画を映画館で見た。中でもシン・ゴジラは3回か4回見に行った。まさか私が映画のリピーターになるとは…思わなかった…。

あとWOWOWの番組表を見て、気になった映画は片っ端から録画するようになった。録画しすぎてまだ見れてないのいっぱいあるから反省はしてるけど後悔はしてない。春休み中に消化したいなあ。

 

次に音楽。

私は基本ミーハーなので、よほど興味がないもの以外流行りの曲はサビぐらいなら知っている。テレビに出てたら必ず見るよ~!レベルでなら応援している歌手やグループはけっこういる。でも熱を注いでいるのは結局ジャニーズしかいない。友達とカラオケに行ってもジャニーズ(+α)しか歌えない。

 なんだか悲しくなったから興味のあった邦ロックに手を出そうとも思った。しかし気になるバンドが多くてどこから手出ししていいかわからない。

 ここでもまたシゲ部だ。加藤さんは様々なジャンルの音楽を紹介してくれるから、いろんな曲を聴くことができる。
ある日*4流れた曲がとても耳に残った。ポルカドットスティングレイの「テレキャスター・ストライプ」という曲だ。


ポルカドットスティングレイ「テレキャスター・ストライプ」MV


放送が終わってすぐ、YouTubeでMVを見た。とても素敵なMVで引き込まれた。その後発表されたMVは何度も何度も見ている。私は「人魚」が好きです!


ポルカドットスティングレイ「人魚」MV


(CDも出てるけど自担関連を買うので精いっぱいでまだ買えていない…申し訳ない)
ジャニーズ以外で応援したい!と思えるバンドに出会えたのは加藤さんのおかげだ。ありがとう自担。

 

 


・おしゃれに興味が出た

 

今までおしゃれに興味がなかった。というか正しくは諦めていた。
比較的背が高く、腕が長く、脚は太いし足は大きい。可愛いと思ってもサイズが合わず購入を諦める、という幼少時代を過ごした。

そしていつからか「可愛い服が着たいけど着られない」から「私なんかが可愛い服を着てもいいんだろうか」と考えるようになってしまった。

だがNEWSと出会い、ファンを彼女のように思い接してくれる彼らを見て、「こんなクソダサい身なりで彼氏に会えなくない?」と思ったのだ。

彼らはツアーに向けてしっかり最高に仕上げてきてくれる。それなのに私ときたら休みの日はスウェットだし運動もさほどしていないから決してスタイルがいいとは言えない。こんな私が会いに行っていいわけがない。

そう思うようになった私は少しばかりだが美容に気を遣うようになり、化粧品に興味を持つようになった。行動に移し出したのは本当に最近なのでぱっと見変化なしだけど、ツアー参戦までに少しでもおしゃれになれるといいな、と願う。

 

 

 

・読書の楽しさを思い出せた

 

小学生の頃は本を読むのが大好きで、毎日読書をしていた。学校で一番本を読んで図書委員会から表彰されたこともある。

でも中学生になりケータイを持つようになってからはそっちの方が楽しくて、学校で設けられていた読書時間以外で本を読む時間はすごく減ってしまった。好きな作家さんの新作を買っても、「まあ学校で読むしいいか」と思いやはり後回し。

さすがにもうちょい読書したいかな~と思ってた時に加藤さんを好きになり、彼の著作を読んだ。学校ではもちろん、家でも夢中になって読んだ。たしか3回くらい連続で読んだと思う。その勢いで好きな作家さんの買っていなかった本も買って読み、私は読書をする楽しさを思い出すことができた。

最近はずっと金欠で小説を買うのを後回しにしているので、前に読んでいた本をちまちまと読み返している。前とは違う感じ方をして面白い。

今はチュベローズを待ってます。早く春にならないかな~!

 

 

 

ざっとこんな感じでしょうか。加藤さんを好きになってとても楽しいし、新しいことにチャレンジしたいと思うことが増えました。余裕ができたら料理を始めたいし私も梅干し漬けたいなあ、なんて思ってます。釣りもやってみたいなあとか!影響されやすい!

 

さて、ここまで読んでいただきありがとうございました。文章を書くのがとても苦手だしはてブロも初心者で使いこなせず、とても拙く読みにくい文章でごめんなさい…!

 

次のブログでは自己紹介のようなものをしたいなあと思っています。あえて宣言。そうでもしないと放置しそう…。

 

*1:関ジャニ∞丸山隆平さんが好きです

*2:そもそもジャニヲタになったのは映画きっかけ。実写ヤッターマンf:id:usapipipi:20170306223229j:image

*3:SORASHIGE BOOK - Fm yokohama 84.7 

*4:SORASHIGE BOOK - Fm yokohama 84.7: 7月3日放送分