あなたの姿しばしとどめむ

語彙力死んでるおたく

気持ちの備忘録

早いもので、発表からもう既に1週間以上経った。

ちょこちょこ書いてたけどなんかうまくまとまらなくて1週間以上経ってしまった。

 

すばるが関ジャニ∞から、そしてジャニーズ事務所からいなくなる。

痛いくらい現実だし、それは変わることのない未来だとわかってるけれど、なんとなくまだ夢とか盛大すぎるドッキリなんじゃないかなって思う部分もある。

 

支離滅裂でほぼポエムになると思うけど、備忘録的な意味も込めて現在の私の気持ちを残しておこうと思う。

普段Twitterとかブログとかではなるべく名字+さん付けで呼ぶようにしてるけど、今回はあえて普段呼んでる呼び方で書きます。

 

 

 

2018年4月15日。

何でもない日だったのに、一生忘れない日になってしまった。

あんな記事どうせガセ、って信じてなかったのに、強制的に信じざるを得なくなってしまった。

 

すばるが関ジャニ∞を抜け、ジャニーズ事務所からもいなくなってしまう。村上さんじゃないけど、「なんで、嫌や」ってずっと思ってる。

 

私は、すばるは関ジャニ∞の揺るぎないセンターだと思っていて、彼の存在があったから近年の関ジャニ∞の音楽は飛躍的に進化したと思うし、バラエティーの面でも彼の類まれなるセンスが光っていた。ある意味関ジャニ∞というグループの"核"だとすら思っている。

 

そんな彼がいなくなってしまう。6人とたくさんのエイターを置いて、夢を追いかけ海外に行ってしまう。

正式発表直後は「そうだね、すばるは本当に音楽を愛してるからもっと極めたくなったんだろうな、」ってどこか腑に落ちたというか、自分でもびっくりするくらいすんなりと受け入れてた。彼は歌うことも奏でることも言葉を紡ぐことも好きだから、もっと本格的にやってみたいんだろうな、って。

 

でも「ああ、いなくなるとこうなってしまう」「あれもこうなってしまう」と"いなくなった後"を考える度、じわじわと悲しみとか寂しさに侵食される。すばるの夢は全力で応援したいけど、すばるがいない関ジャニ∞は寂しい。

もちろん6人の個々の力を甘く見てる訳ではなくて、6人でも絶対絶対大成功すると思う。思うけれど、そこに一緒に笑い合ってるはずのすばるの姿がないことがただただ寂しい。

 

大倉が聞いたように、音楽を追求するのは「それは関ジャニ∞でできないことなの?」ってめちゃくちゃ思ったし、関ジャニ∞を辞めたとしても事務所にはいてもいいじゃん、って思う。すごく思う。事務所にいれば、今後共演する可能性が飛躍的にあがるから、という1オタクのわがままな願いもあるけれど、会見でメンバーが言ってた通りジャニーズ事務所は大きな事務所だ。さらにやりたいことは比較的自由にやらせてもらえる、という印象がある。本当のところはどうなのかわからないけど。

でもいわゆる古参エイターではない、長年彼を見てるわけでもない私でもわかる。すばるは挑むならそういう後ろ盾、しかも大きな大きな後ろ盾をなくして挑みたいんだろうなって。そういう男だよねって。

彼はアイドルという仕事が、エイターのことが、メンバーのことが、関ジャニ∞のことが嫌になって辞めるわけではなくて、自分が好きなこと=音楽をもっともっと極めるためには、仕事を、メンバーを、エイターを切り離さなければならない、アイドルも好きだけどその比重が彼の中で変わってしまったんだなって思う。

 

あ~~彼にここまでの決断をさせた音楽が嫌になる。彼をここまで虜にしてる音楽が。極めたいと思わせた音楽が。でも音楽が好きじゃなければすばるはここまで長くジャニーズにいなかったとも思う。下手したら入所してすぐ辞めてたかもしれない。そう考えるとすんごい複雑。

 

 

……とここまでダラダラ書いたけど一言にすると

「いなくなっちゃうの寂しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

に尽きるんですよね。寂しいよ~~~~関ジャニ∞のすばるの音楽と笑いが見れなくなるの寂しいよ~~~~!!!!

あと勝手に色んな曲のいろんな歌詞に勝手にすばるを、メンバーを、エイターを重ね合わせてしまって涙チョロリしてる。特にジャムやばくない??どの曲も重なってやばい。チョロリ。(知らんがな)

 

でも後ろ盾なくして挑むならマジ大成功を収めてほしい。世界中に渋谷すばるの名を轟かせようぜ…!(何目線?)

 

手つかずの夢を追いかけてくすばるのこと、関ジャニ∞を守っていく6人のこと、これからもめちゃめちゃ応援してます!!!!